小陰唇の肥大は手術で治せる|痛みにさようなら

落ち込む女性

ダウンタイムや費用を比較

小陰唇の肥大を治すことによって、コンプレックスを無くすことができます。しかし、手術方法によってダウンタイムや費用が異なってくるので、手術をする前に知っておくといいでしょう。

顔を覆う人

繊細な問題だからこそ

女性器の近くにある小陰唇が肥大になると見た目が悪くなるだけでなく、キツイ臭いも発生することがあります。ですので、手術をして臭いや痛みから解放されるといいでしょう。

お尻

セルフチェックをしておこう

小陰唇の肥大が気になるのなら、セルフチェックをすることによって、パートナーに指摘される前に知ることが可能です。そして、気になるようなら一度病院へ行ってみるといいでしょう。

腕のいいドクターを探せ

お尻

小陰唇とは、女性の性器にあるヒラヒラした部分のことをいい、それが肥大してしまうと様々な症状が起こります。例えば、タイトなジーンズを履いたり、自転車に乗ったりした時に痛みや違和感を覚えているならこちらを疑ってみてもいいでしょう。また、こちらは女性同士でも相談しにくいことですので、産婦人科に行って正しい診察をしてもらうのが一番です。しかし、いくら産婦人科とはいえ男性の医師に診てもらうのは気が引けるという方が多くいるのも事実です、その場合、女性だけで運営している病院に行くといいでしょう。そちらでは、受付カウンターから医師まで女性しかいないので、気兼ねなく診察を受けることが可能です。それでも、心配な場合は、悩みや疑問点を紙にメモをして渡すといいでしょう。

日本にも星の数ほどある産婦人科には、医師により得意、不得意の手術があるでしょう。そして、小陰唇の肥大を小さくする手術が不得意な医師に当たると失敗してしまう恐れもあるので、評判のいい医師が常にいるところを探すのが賢明です。また、腕のいい医師がいる病院を片っ端から探していると時間がいくらあっても足りなくなるので、ランキングサイトを活用するといいでしょう。ランキングサイトでは、実際に手術を受けた方が感想や意見を掲載しているので、信憑性が高いといえます。そして、批判的な意見が少なければ少ないほど、評判がいいとなっているので、そちらの病院を受診するといいでしょう。また、ランキングサイトでは、費用や手術内容も同時に知ることができるので、情報収集にも役立つのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加