小陰唇の肥大は手術で治せる|痛みにさようなら

ダウンタイムや費用を比較

小陰唇が肥大してしまう原因として、性行為の経験が多い方がなりやすいとされていましたが、それは真っ赤な嘘ですので、鵜呑みにしないようにしましょう。また、殆どが遺伝によって引きおこるものなので、回避することが難しいのです。しかし、産婦人科に行き、手術を受けることによって、小陰唇が肥大した不快感を払拭することができるようになるでしょう。また、小陰唇の肥大を治すことによって、恋愛を楽しむことができるので、これが原因で臆病になっているのなら、手術を受けてみるのが賢明です。そして、痛みやコンプレックスから解放されるので、人生を謳歌することができるでしょう。しかし、この手術方法は切開することになるので、病院選びは慎重に行なうのが得策です。

女性にとっての悩みの一つともいえる小陰唇の肥大は手術をすれば簡単に改善することが可能です。そして、その手術方法は二種類あり、施術内容によって値段やリスクが変動するので、予め知っておくといいでしょう。例えば、メスで切除する場合、費用は25万円前後と比較的割安ですが、ダウンタイムが長期的になる場合があります。例えば、数日間お風呂に入ることができなかったり、数か月間セックスをすることができなかったりします。しかし、レーザー治療にすることによって、従来の手術方法をするよりもダウンタイムの日数を減らすことができるでしょう。ですが、レーザー治療による手術は費用が高くなり、35万円前後になるので、注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加